elderly

腎臓病の方は食事療法で身体の中から対処しよう

食物で治す

doctor

腎臓病とは、色々種類がありますが、急性じん不全の場合のような急を要するもの以外は、食事療法で治す事が出来るのです。なるべく血液を、汚さないような食事をすることがいいのです。そうすることで腎臓の負担が減り、快方に向かうのです。

読んでみよう

カリウムや食塩を控える

味付けにこだわりアリ。腎臓病は食事療法で改善も可能です。ココなら毎日美味しい食事を届けてくれる専門業者を探せますよ!

腎臓病になると腎機能の低下がおこります。食事療法の目的としては腎機能の低下を抑えることです。腎臓病の食事療法として食塩やカリウムを控えることは有効です。1つ目の食事療法は食塩を控えることです。腎臓病の方の場合は腎臓でナトリウムを排泄する能力が低下しています。そのため食塩を控える必要があります。まず食塩の多く含まれる食品は摂取しないようにする必要があります。具体的にはハムやソーセージなどの加工食品やかまぼこなどの練り製品です。また海草などにも多く塩分が含まれています。また工夫としてみそ汁などを飲まないなども有効です。塩分を控えることで味が物足りない場合はレモンなどの酸味やカレー粉などの香辛料を利用すると美味しくなります。

2つ目の腎臓病の食事療法はカリウムを制限することです。腎臓病の方は腎機能が低下するため血液中のカリウムの割合が高くなっています。そのためカリウムを控える必要があります。カリウムはあらゆる食品に含まれていますが、特に生果物に多くカリウムが含まれています。そのなかでもバナナやメロンなどには多く含まれています。そのため生果物を食べる場合は通常の半分にすることや、生果物ではなく缶詰めの果物を食べることが有効です。またカリウムは水に溶けだす性質があるため、事前に野菜などは小さく切って、水にさらすことでカリウムを減らせます。具体的にはほうれん草などの歯茎菜類は45%、いんげんなどの未熟豆類は30%カリウムを削減できます。

食事の意義とたんぱく質

husband and wife

腎臓病を治療する方法には薬物治療と食事療法の2つがありますが、食事療法は副作用が一切なく予防にもなりますので、優位性があります。具体的には、たんぱく質が多く入っている食物を過剰に摂取しない食生活を心がけることです。

読んでみよう

過労とストレスによる病気

woman

腎臓病になると治療をしても元の機能を回復するのは難しくなります。腎臓病を防ぐには疲労やストレスを溜めないようにして、規則正しい生活を送ることが大事です。腎臓病になってしまったら食事療法と薬物療法が行われます。特に大事なのは食事療法で、主治医と管理栄養士の指導を守ることが必要です。

読んでみよう

Copyright©2015 腎臓病の方は食事療法で身体の中から対処しよう All Rights Reserved.